• トップ
  • 絵本
  • ねこの学校 1部〈3〉ほんとうになった予言 韓国語原本

ねこの学校 1部〈3〉ほんとうになった予言 韓国語原本

商品名 : ねこの学校 1部〈3〉ほんとうになった予言 韓国語原本

原産地 : 韓国

価格 : 1,782円(税抜き1,650円)

ポイント : 75

数量 :

 8000円(税込)以上は配送料無料

【商品説明】
■著 者 : キム・ジンギョン文 キム・ジェホン絵
■出版社 : 文学トンネ
■構 成 :23cm×18.5cm 166ページ 

■著者略歴
キム ジンギョン
1953年韓国の忠清南道で生まれる。ソウル大学国語科、同大学院国文科を卒業。1974年韓国文学新人賞の詩部門に入選し、創作活動にはいる。「ねこの学校」シリーズで、フランスの児童文学賞「Prix des incorruptible」、2004年韓国児童図書賞著作部門特別賞を受賞。2005年には大統領秘書室教育文化秘書官をつとめた。児童書、詩集、長編小説など多数の著書がある

キム ジェホン
1958年韓国の京畿道で生まれる。数多くの個展やグループ展をつうじて「自然と人間はひとつ」という考えを広めてきた。『ねこの学校』シリーズで2006年「Prix des incorruptible」、『かわべのトンイとスニ』(小学館)で2004年スイス・エスパスアンファン賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■ Book Guide (日本語版アマゾンより)
 ボドルとミンジュンは、セナとラブレターのたましいをさがして歩きつづけました。広大な雪原で先にすすめなくなると、火の鳥をよび、雪原をこえました。やがて、強い風とともに竜があらわれます。いっぽう、どうくつにのこされたメサンたちは大ピンチをむかえていました。はたしてボドルたちの運命は…。わくわくがとまらない!勇気と冒険のファンタジー。

■シリーズ説明
 黄金時代を開いて行く 『太陽のねこ』を待つ『ねこの学校』のねこたちと、闇の神に仕える『影のねこ』たちとの対決を描いたファンタジー童話。

第1部全5巻、第2部全3巻、第3部全3巻の物ですが、日本では岩崎書店から第1部の1〜4まで発刊されています。

■内容及び書評
 ねこたちは、しんとする夜決まった時間、決まった場所で会って 『夜の集会』を開いています。
 十五歳になると人の元を去って、ねこの世界にあるねこの学校にも行くと言います。 しかしそれは一人立ちの準備が終わったねこだけ可能なのです。 そうでなければ、そのまま人と一緒に暮すとか、街の中で泥棒ねこになるとか、闇の影のねこになると言います。
 授業時間に騷いでいたずらをすれば褒められるねこの学校、魔法も教えてくれて歴史も教えてくれるねこの学校の新入生になったボドリはラブレターとメサンといっしょに水晶のねこの三銃士になります。
 水晶のねこのクラスでは『闇の神』を打ち破る魔法と数千年の間秘密にしてきた『水晶の洞窟』の歴史を学ぶと言います。
 人の目には見えない、ただねこの目にだけ見える水晶の洞窟は、一切接近することが禁止された凄まじい空間であると同時に神秘の空間です。
 ある日水晶の猫の班の三銃士は野生のねこのクラスの学生たちと水晶の洞窟に行って来る賭をします。
 大晦日の夜、森に集まったねこたちはブラックホールのような水晶の洞窟の中に少しずつ足を踏み入れるのですが、、、




※本商品はゆうパケット(ポスト投函 180円)による発送が可能ですが、複数冊のご注文で重さが1圓鯆兇┐訃豺腓砲亙数口にするか、ゆうパック(手渡し 480円)に変更して発送します。

 

お客様からの推薦でこの本を知りました。面白そうなので取り寄せて見たら、本当に面白そうです。小学生を対象にしたものですが、大人も楽しめますね。
 





 

ページトップへ